中国マーケットトレンド情報404

 
福井県上海事務所
2014年8月11日


【経済】

上半期の中国におけるサービス貿易は同期比15.3%の増加(「消費報」7月30日)
商務部の統計数字によると、上半期の中国のサービス輸出入額は前年同期比15.3%の増加となった。
また、当該統計によると、上半期に中国のサービス輸出入総額は2,847億ドルに達し、うちサービス輸出、輸入はそれぞれ二桁で伸長、サービス輸出は同期比18.2%増の1,131.7億ドル、サービス輸入は同期比13.6%増の1,715.5億ドルとなった。

上半期における中国での金消費は2割の減少(「消費報」8月4日)
中国ゴールド協会の統計数字によると、上半期に中国での宝飾品等による金の消費は569.45トンとなり、昨年同期比19.38%の減少となった。
当該統計によると、上半期の中国での金の生産量は同期比9.47%増の211.07トン。中国における金の生産と消費は相変わらず世界トップクラスに入っている。また、外貨相場の変動により、投資面と消費面での重点は常に変化しているとのことである。

上半期のスマートTV(智能テレビ)の販売は11.2%の増加(「消費報」8月4日)
2014中国カラーテレビ傾向シンポジウムによると、今年上半期の中国カラーテレビの小売量と小売額は昨年同期比15.5%の減となった。一方、スマートTV(中国語:智能電視)小売額と小売量は上昇し、業内関係者によると、大画面、4KとスマートTVは将来のテレビ発展の新たな傾向となる見込みだ。
同シンポジウムによると、今年上半期に中国のカラーテレビ市場の小売量は同期比9.7%減の2,217万台、小売額は15.5%減の783億元となった。当該量額減の主な原因は不動産市場の不景気にあるだろうと分析。一方、今年上半期のスマートTVの小売量と小売額はそれぞれ11.2%と9.9%の増加となり、スマートTVの普及率は引続き上昇していくと見込んでいる。

6月の上海ショッピングセンターの売上は同期比5.7%の増加(「上海経済報」8月5日)
上海ショッピングセンター協会の最新統計数字によると、6月の上海における98社のショッピングセンターの売上は70.69億元で、昨年同期比5.7%の増加となった。1-6月の上海市におけるショッピングセンターの売上は同期比1.2%増の571.3億ドルに達した。
統計によると、6月の上海市におけるショッピングセンター売上ベスト10の中で豫園商城は相変わらず一位であるとのことである。
 業態から見れば、飲食、文化娯楽、百貨小売、専業と専売はそれぞれ16.8%、8.3%、8.2%、6.3%と3.6%の増、大型総合スーパー、電子電器はそれぞれ0.9%と5.5%の減となったことが分かった。

2013中国の大口ネットビジネス取引額は10兆元を突破(「消費報」8月7日)
2014電子商務産業合作及び交流会の情報によると、ここ数年、中国の電子商務は引続き急増しており、2013年には大口ネットビジネスの取引額は10兆元を突破。同取引額は社会消費総額の10.9%に相当し、中国は世界最大のオンライン小売市場へと成長をしている。
同記事によると、今年上半期の中国におけるネットビジネスの市場規模は引続き拡大しており、上半期のネットビジネス取引額は同期比30%の増加。これは、上半期の社会消費小売総額の13%に相当しており、今やネットビジネスは中国経済の各分野に浸透しつつある傾向だと紹介されている。

【繊維】

上半期の浙江省の輸入アパレルは12.2%不合格(「中国紡績報」7月18日)
浙江省検験検疫局の情報によると、今年上半期に浙江省検験検疫局は205回に分けて14.73万枚の輸入アパレルの検査を受理し、貨物価値としは、917.47万ドルに達した。うち25回は不合格となり、不合格貨物価値は107.33万元に達している。また、不合格率は12.2%となり、不合格製品は主にイタリアとフランスからの製品であった。
同記事によると、今年上半期の不合格アパレルリストにはイタリアとフランスの大手ブランド(Dolce﹠Gabbana、EmporioArmani(中国名:安普里奥安万瑪尼)、LANVIN(中国名:浪凡)のブランド等)が多く入っており、これらの大手ブランドの問題は商品標識及び注釈が製品と不一致となっていることが中心となっている。

【眼鏡】

香港学生3人がグーグルグラス携帯による違法入境で取締(「中国眼鏡」2014年第7期)
深圳税関の情報によると、5月12日に香港学生3人が羅湖港湾より中国に入境した際、グーグルグラス(中文:谷歌眼鏡)の携帯を税関に申告していないことが発覚し、取調べられた。
紹介によると、グーグルグラスはスマートフォン(中文:智能携帯電話)と同等機能を持っており、今年4月15日からアメリカではネット注文が開始され、価格は1,500ドル、発売対象はアメリカ在住者に限っている。中国での同価格は15,000元であり、両国間での販売の差額がかなり大きく、不法持ち込みにより中国に入境し、同製品の売買により利益を求めている違法者も多い。羅湖税関関係者の話によると、4月15日以来、当該税関は8枚のグーグルグラスを没収し、違法持ち込みとして没収している。

戻る