中国マーケットトレンド情報406

 
福井県上海事務所
2014年9月12日


【経済】

7月の家電小売総額は623億元(「消費報」8月22日)
国家統計局は「社会消費品小売総額月度報告」を発表した。当該報告によると、中国の家電小売市場は改善しており、下半期には小売市場は更に改善されるだろうと予測している。
国家統計局の統計数字によると、7月の中国における家電小売総額は同期比12.6%増の623億元、1-7月に家電小売総額は4,158億元で同期比8.6%の増加となった。

中秋節の期間中は近隣の短距離旅行の人気が高い(「消費報」8月26日)
夏休みの終了により、観光市場全体は一旦オフシーズンとなる。観光機構の情報によると、中秋節の期間中は休みの関係上、海外旅行と国内長距離旅行の価格は同期比で値下がりすると予測している。
業内関係者の話では、中秋節の期間中は近郊の観光地への短距離観光ツアーの予約が明らかに増加し、国内長距離旅行の人気はなかったものの、9月下旬から大型連休となる国慶節期間中の観光ツアーの価格が値上りしていくとの見通しを示している。

中秋節の期間中、上海鉄道局は67便の往復列車を増発(「新民晩報」9月1日)
今年の鉄道局の中秋節の運営期間は9月5日から8日までの4日間。当該期間中に上海鉄道局は650万人の乗降客と予想しており、前年比16.7%増加すると予測。一日当りの旅客は162.5万人で、平日比43万人の増加となることから、67便の往復列車を増発すると発表した。
中秋節期間中に上海鉄道局は650万人の乗客が利用することになるが、うち近距離旅客は529万人で、旅客総量の80%を占めている。また、期間中のピークは9月6日と予想しており、180万人に達する見込みだ。

上半期の中国でのオンライン消費者数は3.5億人に(「消費報」9月1日)
 中国オンライン会議の情報によると、今年の上半期に中国のオンライン消費者数は3.5億人に達し、一人当たりの消費額は3千元を超えた。また、25,200人のオンライン消費者に対してアンケート調査を行った結果、オンラインショッピングでの偽物商品は75.5%に占めたとのことが分った。

今年の上半期における文具体育用品の輸出は順調な伸び(「消費報」9月2日)
税関の統計によると、2014年1-6月に中国の文具体育用品の輸出入総額は2013年比5.89%増の155.13億ドルとなった。うち輸出額は同期比5.93%増の142.68億ドル、輸入額は同期比5.4%増の12.45億ドルとなった。6月の文具体育用品の輸出は同期比4.91%増の23.95億ドルとなった。
四半期別に見ると、第一四半期の文具体育用品の輸出額は同期比4.92%増の65.94億ドル、第二四半期の輸出額は同期比6.82%増の76.74億ドルとなり、中国文具体育用品の輸出は順調に伸びていることが分った。

【繊維】

1-7月の紡績業と服装業の利潤総額はそれぞれ同期比10.4%と14.3%の増加(「中国紡績報」8月29日)
 国家統計局の統計数字によると、1-7月の一定規模以上の工業企業の利潤総額は同期比11.7%増の3兆3,491.6億元、生産販売の利潤総額は同期比11.2%増の3兆1,257.4億元となった。うち紡績業の生産販売額は同期比8.9%増の2兆862億元、利潤総額は同期比10.4%増の1,004.8億元、服装、服飾業の生産販売額は同期比9.9%増の1兆1,122億元、利潤総額は同期比14.3%増の586.9億元となった。また、化繊製造業の生産販売額は同期比4.7%増の4,021.6億元、利潤総額は同期比23.5%増の115.8億元となった。

【眼鏡】

6月から許可書無でのコンタクトレンズの販売は最低5万元以上の罰金に(「中国眼鏡」14年第7期)
今般、「医療器機管理条例」が公布後初めて修正されることとなり、修正後の条例では、コンタクトレンズを高リスク医療器械と分類した。これにより、店舗での販売にあたっては、医療器械経営許可を受けることなくコンタクトレンズを販売した場合、最低でも5万元以上の罰金を科せられることとなった。
また、カラーコンタクトレンズは高リスク医療器械として管理されることとなり、当該製品は生産を開始する前に、安全性、有効性の評価・事前承認を得ることが必須とされ、医療器械登録証書を取得後、生産・販売を始めることが可能となるよう改められた。
コンタクトレンズを販売するための医療器械経営許可証の申請は、販売する眼鏡店舗に検眼ルームと試着ルームが完備され、仕入と販売のデータ記入の正確性が求められる。また、コンタクトレンズの品質に問題があれば、消費者はクレームとして当局に申し立てができることとなった。

戻る