中国マーケットトレンド情報427

 
福井県上海事務所
2015年4月28日



【経済】

中国の一人当たり酒類消費量は世界第3位(「消費報」4月14日)
世界衛生組織の最新統計数字によると、中国は英国、アメリカを超え、酒類の消費量が世界第3位となった。
紹介によると、2003年―2005年の期間中は一人当たりの酒類消費量は4.9リットルであったが、五年後に6.7リットルに増加。飲酒が出来ない層を除くと、年間一人当たりの酒類消費量は15.1リットルに達しており、英国やアメリカより消費量は多くなっている。また、中国における酒類消費の商品シェアは白酒の消費が69%、ビールとワイン消費はそれぞれ28%と3%を占めている。

第1四半期の上海市におけるGDPは同期比6.6%の増(「新民晩報」4月17日)
上海市統計局の統計数字によると、第1四半期における上海市の国内総生産(GDP)は昨年同期比6.6%増の5,815.79億元となった。
関係情報によると、第1産業は1.5%増の17.68億元、第2産業は1.6%増の1,901.32億元、第3産業は9.8%増の3,896.79億元に達した。なお、上海市のGDP構成は、第3次産業が占める割合が67%に達している。業種別では金融業が上海市のGDPを増加させる主動力となっている一方、不動産産業の貢献が引続き減少している。なお、消費者物価指数は緩やかな上昇傾向が続いている。


ユニクロが京東(ネットショッピング)の旗艦店をオープン(「新聞報」4月18日)
関係情報により、有名ブランド「ユニクロ」が正式にネットショッピングの「京東」に旗艦店をオープンさせた。同サイトでは、華東地区中心の都市部消費者には6時間以内でスピード配達するサービスも提供する。
ユニクロの京東への出店について業内関係者は「今後、京東のサイトではユニクロのサイト開業により服装類の注目度が拡大するだろう」と話した。京東CEOの話によると、2014年に京東服装類の増幅は前年比200%以上となっており、今後、服装関連商品が京東の一大商品群になるとの見込みだ。
今回のオープンにあたり、京東は上海においてユニクロに1万平方メートルの専属倉庫を用意しており、100万着の在庫が保管されることとなっている。

第1四半期、義烏市の電子業者の取引額は同期比22%の増(「消費報」4月21日)
 今年の第1四半期における義烏の電子業者の取引額は同期比22%増の260億元となった。義烏市場監督管理局の統計数字によると、今年の第1四半期における義烏集貿市場の取引額は325.49億元に達し、うち中国小商品城の取引額は257.35億元に達した。義烏市ではオンライン取引額と実態市場の取引がそれぞれ急速に伸びると予想している。

中国の4G使用戸数は1.62億戸に(「消費報」4月23日)
 工信部の統計の数字によると、3月の中国における移動電話使用戸数は12.9億戸に達しており、その内移動ブロードバンド使用戸数は6.4億戸となった。3G使用者は4Gに変更を進めており、使用戸数は1.62億戸に達した。移動電話使用戸数に占める4G使用者の割合は12.5%に達している。

【繊維】

3月の中国における紡績服装輸出額が大幅に減少 (「中国紡績報」4月15日)
税関の統計数字によると、3月の中国における紡績服装の輸出は大幅に減少し、当月の輸出額は同期比32.6%減の125.7億ドルとなった。うち紡績品輸出は29%減の58.8億ドル、服装輸出は35.4%減の66.9億ドルとなった。
また、当該統計数字によると、1-3月の中国紡績品服装輸出総額は2.9%増の597.8億ドルとなったが、うち紡績品の輸出は4.2%増の239.9億ドル、服装輸出は2%増の357.9億ドルとなった。

【眼鏡】

「杭剣一号」が正式に始動(「中国眼鏡」2015年第4期)
【※】「杭剣一号」が正式に始動し、今年は重点的に若年層の利用が多いコンタクトレンズに対して品質検査を実施する。
紹介によると、今回、重点的に大型小商品市場と学校周辺で運営している企業を対象に、コンタクトレンズの取扱い・販売企業に対して《医療器械経営許可書》、《医療器械登録書》があるかないかということに対して検査を実施していく方針である。
【※】杭剣一号… 浙江省杭州市市場監管部門が展開している特定項目における消費 者保護法の施行及び活動の名称

戻る