中国マーケットトレンド情報433

 
福井県上海事務所
2015年7月20日


【経済】

上海‐東京間の格安フライトチケットが発売(「新聞報」7月13日)
春秋航空の発表によると、8月5日より春秋航空会社では上海浦東空港‐東京羽田空港間の新航路が就航し、始発フライトのチケット価格は399元(税別)。また、8月6日には吉祥航空も上海浦東空港‐東京間の航路を就航させる。
春秋航空市場部関係者の話によると、上海‐羽田航路は同社が期待するビジネス用航路。また、吉祥航空の発表によると、8月6日に浦東―東京間の航路が就航するが、火曜、木曜、日曜の週3便となり、就航にあたって往復格安チケット(699元)が発売される予定となっている。

上半期の中国輸出入額は同期比6.9%の減(「新民晩報」7月13日)
税関の統計数字によると、2015年上半期の中国における輸出入総額は昨年同期比6.9%減の11.53兆元となった。うち輸出は0.9%増の6.57兆元、輸入は15.5%減の4.96兆元となっている。
上半期の中国輸出入額減の原因は次の通りである。①対外貿易需要は引き続き低迷しており、輸出が限定的になっている。②総合コストが高く、輸出競争力が低下。③輸入需要が不振。④大型商品価格が大幅に値下がりしており、輸入額の増加幅が減少する。

中国移動通信(China Mobile)の4G使用戸数が1.9億戸に(「新民晩報」7月15日)
中国移動通信の関係者の話によると、6月末時点で中国移動通信の4G使用戸数は1.9億戸に達した。また、6月末時点で中国移動通信は2.1億台の4G携帯を販売しており、うち今年度に入ってからは1.1億台が販売されている。
中国移動が発表した「中国移動端末品質報告」によると、携帯電話通信における4Gの販売量は同市場における83%を占めている。

女性は将来的にスポーツ用品の消費主力群に(「消費報」7月14日)
 国家体育総局の情報によると、2014年中国体育用品業界の売上増加は2,418億元に達した。うち女性製品の年間売上はここ数年連続2桁の成長が続いている。中国体育用品業界の堅調な成長に伴い、今後、女性向けスポーツ用品消費市場がスポーツ関連用品企業に注目されている。

若者の7割が夏休旅行予算3千元以上(「東方報」7月17日)
人人網は3,875人の14歳―28歳の若者を対象として、2015年若者夏休旅行についてのアンケートを行った。
当該調査によると、90.4%の若者が夏休旅行を計画しているとのことが分った。海外観光目的地として北欧が40.8%を占めたが、日本、タイなどのアジア周辺国は近くて便利であるため、人気も高くなっている。現地での観光日数について7-15日間が最も多く53.1%、3-7日間は25%、15日間以上は12.6%、1-3日間は9.3%となっており、旅費については1,000-3,000元が25.1%、3,000-5,000元が34.8%、5,000-8,000元が15.6%、8,000-10,000元が3.1%、10,000元以上は14.3%、1,000元以下は7.1%に占めている。
また、国内旅行については、北京、上海などの都会より自然風景綺麗な観光街の人気が高い。90代生まれの若者には最も人気が高い国内観光目的地は雲南、チベットと四川となっている。

【繊維】

6月の中国における衣類消費価格は2.9%増(「中国紡績報」7月10日)
 国家統計局の統計によると、6月に中国消費者物価指数は同期比1.4%値上りしたが、うち衣類が2.9%、靴類が3.2%、衣類加工サービスが5.4%値上りし、増加を牽引した。1月~6月までの上半期における消費者物価指数は昨年同期比1.3%値上りし、うち衣類関連は2.9%値上りとなっている。

【眼鏡】

英国百貨店チェーン「John Lewis」が眼鏡センターを開設(「中国眼鏡」2015年第7期)
英国百貨店チェーンの「John Lewis」は顧客を誘致するため、Westfield Stratfordのショッピングシティ内に眼鏡センターを試験的に開設した。当該事業が成功すれば、他の支店でも眼鏡センターを開設する意向だ。
英国では、高級小売業者は顧客の足を眼鏡店に伸ばしてもらうため、店舗にはコーヒーコーナーやジュースバーを作った。John Lewis眼鏡センターは消費者に検眼サービスを提供。検眼後には「アルマーニ」「プラダ」や「レイバン」などの眼鏡店舗で眼鏡を購買できるようになった。
また、John LewisはCardiff店で他類の眼鏡センターを開設し、世界最大な眼鏡会社Luxottica集団と合作経営する。
紹介にると、電子ビジネスの発展を受け、小売業者「Tesco」と「Asda」も同様のビジネスを展開する予定だ。

戻る