中国マーケットトレンド情報45

 
福井県上海事務所
                              
2016年6月24日


【経済】

卒業旅行の人気の観光目的地(「新民晩報6月10日)
 「2016年卒業旅行願望報告」が発表された。当該報告によると、9割の卒業生が卒業旅行を計画しており、上海ディズニーは必ず行きたい観光目的地の一つだ。
 従来の卒業生に比べ、「95後」(1995年前後に生まれた世代)卒業生の旅費予算は大体5,000元となり、1,000元以下の格安観光と10,000元以上の豪華観光はそれぞれ7%と2%を占めた。上海、杭州、無錫はベスト3の人気観光目的地となり、上海ディズニーは必ず行きたい観光目的地となっている。43%の卒業生は海外旅行を選んで、タイ、日本と韓国は人気の観光目的地となっている。

5月に上海CPIは同期比3%上昇(「新聞報」6月13日)

 国家統計局上海調査総隊の発表によると、5月に全市における消費者物価指数は昨年同期比3%値上がりした。
 八大項目から見ると、食品タバコ酒類商品の価格は3.8%、衣類は0.5%、居住類は5.1%、生活用品及びサービス類は1.2%、交通と通信類は3.6%、教育文化類は1.6%、医療保健類は8.9%、他の用品とサービス類価格は2.1%上昇したことが分かった。

端午節に約4,000万人の旅客が全国鉄道を利用(「消費報」6月14日)
 中国鉄道局の統計によると、端午節連休期間中に全国鉄道を4,037.1万人の旅客が利用し、昨年同期比11.7%の増となった。うち6月9日における旅客の利用は1,127.8万人となった。昨年ピーク日に比べ147.6万人の増、同期比15.1%の増となった。全国鉄道の運行状況は順調であり、乗降者数は史上最高となった。
 また、統計によると、連休期間中、高速鉄道を2,090万人が利用し、同期比30.3%の増、一日当りの旅客発送量は522.5万人で、全国鉄道旅客発送量の52.5%を占めた。

ディズニー行きの7本の専門路線が全線開通(「新聞報」6月15日)
 ディズニーへの交通網整備のため、これまで運営された上海駅発、万体館発、虹口体育館発と浦東空港発4本路線の開通に継ぎ、上海南駅、上海虹橋駅と黄浦区旅遊集散駅などの3本路線も開通され、7本のディズニー行き専門路線は全部開通された。

上海消費者の輸入食品の消費割合は全国最高(「新聞報」6月15日)
 電子商務業者網易考拉の統計数字によると、上海の消費者はネットでの消費能力は高く、消費習慣は均一である。上海における消費者の消費の内、化粧品は23%、ベビー用品は20%、日常用品は19%を占めた。うち輸入食品の消費割合は全国で一位となり、10%を占めた。
 2016年に当該電子業者は100億元の販売目標を目指している。

【繊維】

浙江省平湖は服装産業のステップアップを推進(「消費報」6月13日)
 浙江省平湖市政府は2016中国•平湖服装博覧会の開催情報を発表した。平湖市副市長によると、2015年に平湖における一定規模以上の服装企業の生産額は1,402億元に達し、利税と利潤はそれぞれ増加したが、世界経済環境の影響を受けて、当該市における服装輸出の割合は減少した。企業文化や製品品質を向上させ、消費者に対し高品質の地元服装ブランド品の販売促進の為、服装産業のステップアップが必要であると発言した。

【眼鏡】

アメリカFDAが温州眼鏡に対し品質問題通報(「中国眼鏡」2016年第5期)
 温州出入鏡検疫検験局の情報によると、今年の第1四半期に温州眼鏡はアメリカ食品薬品監督管理局(FDA)に品質問題で16回通報され、同期比128.57%の増となった。通報されたのはサングラス、光学鏡、老眼鏡などの製品に及び、不合格原因はレンズの抗衝撃性の不合格にある。
 温州出入鏡検疫検験局関係者の話によると、アメリカは医療器機の要求として眼鏡の品質を管理しており、眼鏡生産企業の眼鏡商品をアメリカへ輸出をする場合、アメリカFDAで登録や手続の必要がある。一旦、輸出製品がFDAの指摘を受けた場合、通報リスクを減少させる為に輸出企業は当該局に要求される書類を再度提供する必要がある。通報された不合格商品は返還或いは廃棄するが、複数回問題が指摘された際、「ブラックリスト」に入ることがある。

戻る