中国マーケットトレンド情報465

 
福井県上海事務所
                            
 2016年9月30日


【経済】

今年の海外旅行者数は1億33百万人に(「上海金融報」9月13日)
 銀連国際と中国旅遊研究院は共同で「2016中国海外旅行発展年度報告」を発表した。当該報告によれば、中国の海外旅行市場は成長期に入っており、将来5年から10年においても安定的に成長するだろうとの見方。又、中国旅行客の海外旅行での消費においての支払い方法は銀連カードが主力である。
 当該報告によれば、2015年の中国における海外旅行人数は前年同期比9.8%増加の1億17百万人に達したが、2016年の海外旅行人数は更に上回り前年同期比11.5%増加の1億33百万人に達する見込みだ。
 また2015年の中国公民の海外旅行消費額は前年同期比16.6%増加の1,045億ドルに達し、一人当りの消費は893ドルとなり、「80後」消費群が海外旅行の主体となっている。

1-8月の上海人の食品、衣類と日常用品への支出は対昨年比増加(「新民晩報」9月20日)
 上海統計局によると、今年の1-8月の全市における商品販売総額は昨年同期比7.1%増加の64,651.5億元、社会消費品小売総額は7.9%増加の7,110.5億元となった。
 1-8月の全市における食品、衣類と日常用品の小売額はそれぞれ昨年同期比3.7%、9.54%、10.7%増加の1,594.56億元、1,112.65億元と4,032.09億元となった。
 1-8月の全市における新築分譲物件の販売面積は昨年同期比19.6%増加の1,742.16万㎡となった。うち住宅は9.1%増加の1,310.25万㎡となった。
 8月に全市における規模以上工業企業の生産額は昨年同期比8.1%増加の2,590.66億元となった。

上半期の中国電子商務交易額は10兆元を突破(「消費報」9月22日)
 中億電子商務研究センターは「2016年(上半期)中国電子商務市場報告」を発表した。2016年上半期の中国における電子商務交易額は前年同期比37.6%増加の10.5兆元に達した、うちB2B市場の交易規模は7.9兆元に達し、オンライン小売市場の交易規模は2.3兆元に達した。

中国公民への日本ビザは更なる緩和(「新民晩報」9月28日)
 日本外務省によると、中日両国人員往来を促進するため、10月17日から中国公民への日本ビザは更なる緩和される。具体的な内容は次の通りである。商務や文化芸術分野における訪日人員へのマルチビザの有効期限は現在の5年間から10年間に延長すること、中国教育部に属する大学の本科生や修士生及び当該学校3年内の卒業生の初回日本ビザ申請手続きは簡素化される。

国内における最大貴賓室を浦東空港T1で起用(「新民晩報」9月28日)
 国内における最大貴賓室が浦東空港T1で起用されることになった。
 東方航空貴賓室は国際と国内二つの部分で作られ、総面積は9,000㎡となり、同時に1,000人の旅客にサービスを提供できる。当該貴賓室における各種施設が完備され、旅客は搭乗前の楽しい時間を過せることとなる。

【繊維】

第五回中国-亜欧博覧会はウルムチで開催(「中国紡績報」9月21日)
 9月20日に「共同商務、共同建設、共栄のシルク道路のチャンスと未来」を主題とする第五回中国-亜欧博覧会がウルムチで開催された。
 今回、6つの国際組織機構、57ヵ国の国家と地区の来場者が来場し、2,192社の国内外企業が出展し、3,500人の専門調達業者が来場した。出展企業数、専門調達業者数はそれぞれ史上最高となった。

【眼鏡】

2016年6月の温州眼鏡輸出は前年同期比14.34%増加(「中国眼鏡」2016年第9期)
 温州税関の統計によると、2016年6月の温州の眼鏡輸出は前年同期比14.84%増加の438,708,845元となり、1-6月の温州の眼鏡輸出は累計2,750,313,906元で、前年同期比1.59%の増加となった。

戻る