中国マーケットトレンド情報487

 
福井県上海事務所
                             
2017年8月25日


【経済】

中国における半数の消費者が環境保護商品に購入に意欲(「消費報」8月17日)
 「中国環境保護消費研究報告」が発表された。当該報告により、中国における7割以上の消費者は一定レベルの環境保護消費意識を持っており、約半分の消費者は普通商品の価格比10%高くても環境保護商品を消費する意欲を持っている。

7月以来上海港湾出入国人数は600万人を突破(「新聞報」8月20日)
 7月1日から上海港湾出入国人数は同期比2.5%増の600万人を突破したが、うち8月10日に浦東空港からの出入国人数は12.5万人で、史上最高となった。
 当該時期は夏休みなので、学生旅客が多く、欧米観光路線が相変らず主流である。

上海-北京間の「復興号」高速鉄道が更なるスピードアップ(「新聞報」8月24日)
 鉄道部の情報によると、9月21日から上海-北京間の高速鉄道「復興号」の最高時速は350キロとアップされた。スピードアップ後、上海虹橋から北京南駅へ鉄道で移動すれば、移動時間は4時間26分に短縮され、旅客に更なる便宜を与える。

上半期の国内観光消費は2.17兆元(「消費報」8月22日)
 国家観光局は「2017年上半期の観光統計数字報告」を発表した。2017年上半期の国内観光人数は昨年同期比13.5%増の25.37%億人、うち都会住民は15.8%増の17.57億人、農村住民は8.5%増の7.80億人となった。国内観光収入は15.8%増の2.17兆元、うち都会住民の消費は16.1%増の1.71兆元、農村住民消費は14.8%増の0.46兆元となった。

中国は世界における最大のアイスクリーム消費市場(「消費報」8月23日)
 最新報によると、2014年-2016年に中国のアイスクリーム小売市場の販売量は下落し、年当りの複合成長率は―1.6%となったが、アイスクリーム小売売上は引続き上昇した。2017年に49%の都会消費者はアイスクリームを在宅のデザートとして食べ、39%の消費者は食後のデザートとするが、2015年に当該数字は39%と28%である。
 また、中国は世界における最大のアイスクリーム消費市場であり、2016年にアイスクリームの販売総量は33億リットルで一位、アメリカと日本はそれぞれ27億リットルと7.56億リットルで二位と三位となった。

【繊維】

1-7月に中国紡績工業増加値は4.5%の増(「中国紡績報」8月18日)
 国家統計局の情報によると、7月の中国製造業増加値は同期比6.7%の増、1-7月に製造業増加値は同期比7.3%の増となった。うち7月に紡績業増加は同期比4.3%、1-7月に紡績業の増加値は4.5%の増となった。主な製品の中、7月に布は同期比2.8%増の63億メートル、化繊は同期比4.2%増の449万トンとなったが、1-7月に布は同期比4.7%増の412億メートル、化繊は同期比4.3%増の3008万トンとなった。

【眼鏡】

上半期の重慶眼鏡製品合格率は90.31%(「中国眼鏡」2017年第8期)
 重慶市質量監督局は全市における4292社生産経営の99種工業品に対して品質検査を行ったが、その結果により、合格率は90.31%となって、昨年同期比ほぼ同じであるが、うち眼鏡製品の合格率は90%以上となった。

戻る