中国マーケットトレンド情報488

 
福井県上海事務所
                            
2017年10月20日


【経済】

1-8月の中国の洗濯機の小売量は同期比10.4%の増(「消費報」9月27日)
 2017年1-8月の中国洗濯機市場の小売量は同期比10.4%増の2,338万台、小売額は同期比13.1%増の420億元となった。業界関係者の話によると、昨年下半期以来、原材料価格の値上がりは中小企業に厳しい状況をもたらした一方、消費需要のため、高度技術開発の条件が備える大企業は有利になる。

1-8月の消費品工業増加値は同期比7.6%の増(「消費報」9月28日)
 工信部の情報によると、2017年1-8月に消費品工業生産は順調に行ったが、消費品工業増加値は同期比7.6%の増、工業全体の0.9%を上回った。うち軽工業(食品を除く)、紡績、食品、医薬とタバコ業界はそれぞれ8.8%、5.1%、7.9%、11.4%と2.5%の増となった。

中国は世界一のネット小売国に(「消費報」10月9日)
 商務部の情報のよると、中国電子商務規模は2012年8.1兆元から2016年の26.1兆元に増加し、ネット小売額は1.3兆元から5.2兆元に増やし、中国は世界一のネット小売大国になった。

国慶節連休期間に1,059万人の旅客は上海を訪問(「新聞報」10月9日)
 上海旅遊局の情報によると、国慶節連休期間に1,059万人の旅客が上海を訪問し、観光収入は同期比2.6%増の106億元となった。また、今年国慶節連休期間に黄浦江レジャー観光、都会文芸漫歩、郊外民宿体験、郊外生態観光などの観光内容は最も人気が高い。

蟹消費が観光発展を促進(「消費報」10月10日)
 観光消費統計によると、蟹消費が観光発展を促進した。Ctripによると、蟹は美食として最も北京、上海、広州と杭州の消費者に好かれている。
 「10.1」連休期間に多くの消費者は蘇州、寧波、舟山など蟹産地へ蟹美食旅行に行ったため、当該地域周辺のホテルはが一杯となった。上海は蟹消費のナンバー1の都会で、その次は杭州、北京、広州、深セン、南京、蘇州、天津、青島、成都である。

【繊維】

1-8月の中国服装など小売額は7.3%の増(「中国紡績報」9月22日)
 1-8月の中国の社会消費品小売総額は同期比10.4%増の232,308億元となった。商品小売の内、8月に服装靴、メリヤス品の小売総額は同期比8.9%増の1,070億元、1-8月の当該類商品の小売額は同期比7.3%増の9,313億元となった。
 1-8月の全国におけるネット小売額は同期比34.3%増の42,511億元、実物商品のネット小売額総は29.2%増の32,101億元となった。実物商品ネット小売額の中、食品、衣類と日常用品類はそれぞれ25.4%、19.6%と32.9%の増となった。

【眼鏡】

2017年上半期に博士眼鏡の利潤は同期比28%の増(「中国眼鏡」2017年第10期)
 博士眼鏡の報告によると、2017年上半期に博士眼鏡の売上は同期比12.04%増の2.27億元となったが、上場会社株主に属した利潤は同期比約28%増の2,141.32万元となった。小売業界の平均売上成長率は7.19%となったとのことである。

戻る